クリケットの事故-たくさんのクリケット

管理 / 9月 28, 2019

最近、インドのスタッフのクリケット選手に対する怪我の量が急速に増加しています。最近の前例では、人が自分の(彼らの)損害を隠して外遊に行ったことがあり、それはプレイの過程でのみ証明された。この経験は、訪問の最中に不安定な場所にグループを配置した経験があり、いくつかの期間はあなたの家からのSOS要求の代替を必要としました。 適切にリラックスさせない場合、プレイヤーはしつこい痛みや再発する損傷を悪化させるだけであることをよく知っています。彼らがすべての永続的な損害でこのゲームを続けるとき、彼らは彼らが彼らの特定のプレーの日常生活を危険にさらそうとしているという真実を非常によく知っています。インドのクリケット選手が被害を隠し、全国規模のチームを楽しむ潜在的なリスクを考慮するのは、まさにその理由ですか?ビデオゲームへの純粋な愛か、愛国心を排除することでしょうか。それは、こうした危険を人々に押しやるのでしょうか?おそらく低い!たぶんそれはルアーのルアーでしょう。多分それは、グループ内の自分の場所を落とすことに対する不安です。 今日、誰もが大金がグローバルクリケットに関与していることを知っており、代表チームのためにプレーすることで、クリケット選手がBCCIから重い支出パッケージを入手できるようになるだけでなく、全国のエリア内の場所は、天文学的な金額に関連する広告契約も保証します資金へ。参加者の多くは、競争のレベルが本当に非常に確かであることを十分に認識しており、サチン・テンドルカーのような参加者が自然にポジティブなことはないでしょう。乗組員から。交換する人がうまくいくと、この元のゲーマーは戻ってくるのを作るのが難しいと感じるかもしれません。この懸念に悩まされて、参加者は自分のトラウマを隠し、達成可能な限りトラウマを続けようとします。 ここで最も関連性のある質問は、なぜインドのゲーマーの間で事故が突然制御されなくなったのかということです。グループのフィジオと専門家は、危害を加えられたプレーヤーは十分な睡眠と回復の時間を得られないと指摘しました。これは、インドのクリケットのスケジュールが国際的な訴訟に大きく悩まされているためです。インドは、世界中の他のどの地域よりも世界的なクリケットを引き受けています。たとえば、最終年の世界マグカップクリケットトーナメントからインディアンの最後のメルボルン旅行の終わりに始まる最後の12か月の期間を考えてみましょう。 ODI全世界マグクリケットチャンピオンシップ2007は3月14日から4月28日に行われ、インドの前回のオーストラリア訪問は2008年3月4日に終了しました。全世界のグラスは、インド西部から戻ってきたインド人と4月の乗組員が28日で終了しました。バングラデシュの訪問に戻ってすぐに、インドの乗組員はアイルランド、南部、スコットランド、アフリカ、パキスタン、イングランドと対戦するためにワンダフルブリテンにスピードアップする必要がありました。骨の折れる2ヶ月半の遠足は9月8日に終了しました。ロンドンから、彼らは9月11日から24日までの最初の2020コミュニティカップトーナメントに参加するために南アフリカに旅行する必要がありました。南アフリカから帰国したドーニの紳士は、全世界を1日のタイムチャンピオンであると考えなければなりませんでした。オーストラリアでは、9月29日から10月17日まで、1 2020の補数と7フィットのODIシーケンスが楽しめました。その後、11月5日から12月12日にかけて、5つのODI補数コレクションと3つの解析ライバルパキスタンアウトライバルパキスタンが登場しました。クリケットの賢明な]暦年は停止に到着したが、インドの巨匠からの挑戦ではなかった。 12月自体、インドは再び海岸に居住する必要がありました。今回は、オーストラリアが12月26日から開始した4分析補数シーケンスで全世界チャンピオンを獲得し、その後、20-20乗組員はオーストラリア、インド、スリランカをホストします。三角形の射程は3月4日に終了し、インド人の乗組員は6速で帰宅しました。 過去1年間の全体。半年に近づいても、参加者の休息はありません。彼らは既に、南アフリカに対する3回の居住適合シーケンスに関与しており、4月15日に結論を出すことができます。これに続いて、4月18日から5月23日までのインドプレミアリーグが開催されます。アジアカップの一部[2008年6月テスト、1および]バングラデシュ、スリランカ[7月23日から8月29日]およびICCチャンピオンに対するトロフィー28]。数日後に多くのスーツに参加しているプレーヤーは、うんざりして怪我をする危険性があります。したがって、海外の大規模なスケジュールに対応するために、求められているローテーションポリシー[何かありますか? ]を完全に実行できます。たとえば、20-25のプールエリアの国内トップゲーマーがさまざまな訴訟で交互かつ慎重に雇用されている場合、運動とトラウマのジレンマが適切に対処される可能性があります。

 

Advertising Disclosure

This site is perfect for entertainment reasons only, accumulating gambling delivers and special offers through the world's leading gaming companies. All information is perfect for reference point only, remember to validate the legitimate specifications inside your region and area. Usually do not make use of the information on this website in infringement of the laws and regulations or regulations. Any content replicated from your website is prohibited without our consent. 

© Copyright. all rights reserved. The website information is for people over 18 years old (18 years old and above)