イタリアのカジノ

管理 / 9月 27, 2019

大多数の人々がイタリアについて考えるとき、彼らは食事、アートギャラリー、または歴史的なローマの伝統について考えます。それは彼ら自身の逃走にいくつかのカジノを含めたい人々にとって素晴らしい場所かもしれません。それは多くの人々がフランスについて知らないことです。イタリアには多くのギャンブル施設はありませんが、彼らが一般的に持っているエリアは、実際より少しだけ良いものを実際に体験したい観光客にとって間違いなくチェックする価値がありますフランスへの旅行で予測したこと。 フランスには単純に多数のカジノがありますが、そのうちの1つをチェックアウトする価値はあります。イタリアで賭けることの2つの主な特徴的な側面。 1つはアメリカのモデル、日常着、いくつかのスロットマシンのようなものです。一方、多くのイタリアのギャンブル施設には、まさに「フランスのゲーム」エリアと呼ばれるものがあります。よりカジュアルなイタリアのインターネットカジノでも、オンラインカジノカンピオーネディイタリアのオンラインカジノには、インターネットカジノのエリアにガウンルールと入場料(約$ 12.50 US)が含まれています。他のイタリアのギャンブルハウスには、サンヴァンサン(トリノ近く)のギャンブル施設デラヴァレ、サンレモ(サンレーモ近くのインターネットカジノミュニシパルディディ)(ヴェネツィアのカジノミュニシパルディヴェネット)が含まれます。個人が路上服または非公式の服を着て、ある種の玄関での支払いを要求する。確かに、イタリアのギャンブル施設は、ジェームズボンドのビデオで有名なヨーロッパの賭けの魅力的なイメージを象徴しています。 上記のすべての大都市圏には、ヴェネツィアを除くインターネットカジノが1つしかありません。ヴェネツィアのオンラインカジノは、1つのギャンブル施設が2つに分かれており、1つは夏期にオープンし、もう1つは冬期にオープンするため、興味深いものです。 Casino Municipale di Veneziaは現在、ジンラミートーナメントとベットを提供しています。それも少し違います。 さらに、イタリアのインターネットカジノへの旅行を計画する前に、ガウンの要件とフロントドアの料金についても注意すべき点がたくさんあります。一つのことは、イタリアのほとんどのカジノハウスで話されている語彙がイタリア語であるという事実です。ギャンブル施設で一瞬の支払いをしようとするなら、少なくとも、他の賭けの語彙とともにいくつかのイタリア語のフレーズを発見する必要があります。また、イタリアでのギャンブルの年齢は18歳であるため、法的時代が21である米国でリスクを負わない可能性のある個人および若年者は、イタリアでこれを達成することができます。ギャンブルと一緒に、イタリアのカジノの特徴は、ディスコやレストランに加えて、曲と楽しさがあります。ただし、イタリアのカジノにはないホテルの部屋があるため、宿泊プランは個別に作成する必要があります。

 

Advertising Disclosure

This site is perfect for entertainment reasons only, accumulating gambling delivers and special offers through the world's leading gaming companies. All information is perfect for reference point only, remember to validate the legitimate specifications inside your region and area. Usually do not make use of the information on this website in infringement of the laws and regulations or regulations. Any content replicated from your website is prohibited without our consent. 

© Copyright. all rights reserved. The website information is for people over 18 years old (18 years old and above)